在校生・卒業生からのメッセージ特集

人生で二度目の高校生活を送っています。

綾羽高等学校 静岡 真聖さん
  • この学校を選んだきっかけは?

    私は25歳の現在、人生で二度目の高校生活を送っています。15歳の時、高校に意味を感じることができず、高校を中退しました。そして社会に出て働き始め、たくさんの壁にぶつかりました。高校卒業資格というのも大きな壁のひとつでした。いまさらという気持ちがぬぐえないまま通信制の高校を探しているとき綾羽高校を見つけました。見学の際に教頭先生と話をする中で、他の通信制と違いを感じました。、まず週一回のスクーリング(面接指導)がメインになっており、人と接する中で人間として成長できると感じました。また各クラスに担任の先生がついてくれる環境にも手厚さを感じました。

  • 1年間を過ごしてみて

    入学当初は、高校生活がもう一度スタートする楽しみと、クラスメイトとなじめるかという不安がありました。綾羽高校の通信制は、ほとんどの生徒が中学校を卒業したばかりで、世代的なギャップがとても心配でした。しかしそれはみんな同じで、むしろ自分自身がそんなことを気にしていては周りも話しかけられるはずがないということに気づきました。今では週一回という限られた時間の中でたくさんのことを吸収し、いろんな刺激をもらっています。アルバイト、レポート、スクーリングと忙しい毎日ですが、充実した日々を送っています。

  • どうやって勉強をしていますか

    平日の中でレポートの時間を作ってまずは、自宅でやってみます。そこでわからない部分に関してはスクーリングの際に授業の中で先生の解説を聞きながら取り組むようにしています。先生にも気軽に質問できる環境なので、わからなことは理解できるまで聞くようにしています。

  • メッセージ

    私は高校を中退し働く中で、病気で思うように働けなくなりました。高校卒業の資格の必要性を感じ、もう一度高校に通うという選択をしました。今までの失敗や、迷った時間があったからこそ今があると思います。きっと、めんどくさい、だるいという気持ちは誰しもにあるものです。迷う時間も大切です。そしてやり始めるのに遅いことはないと思います。「25歳の高校生。」そんな自分を応援してくださる周りの方々のためにも、頑張って高校生活を送ろうと思います。