在校生・卒業生からのメッセージ特集

先生と生徒がものすごくフレンドリーです。

YMCA学院 高等学校 土井 彩未さん
  • YMCA学院高等学校を選んだ理由は?

    私は起立性調節障害と神経因性疼痛という病気を持っているので、毎日午前から登校することが難しく、どこの高校に行こうか悩んでいた時に母の知人から「YMCA学院高等学校は自分のペースで学習することができる」と聞き、オープンキャンパスに行ってみると、先生と生徒がものすごくフレンドリーに話をしていて、ここなら自分も学校に楽しく通い、楽しく授業を受けれると思いYMCA学院高等学校を選びました。

  • この学校で一番いいところは?

    YMCA学院高等学校のいいところは、学校らしくないところです。              私は中学生の時に、病気と人間関係で不登校になってしまったので、学校生活がどんな感じなのか、高校で勉強もついていけるか、新しい友達もできるのか、不安なまま入学しましたが先生がものすごくフレンドリーで先輩たちとも仲良くなり、不安な気持ちから安心や楽しいという気持ちに変わりました。中学生の時は学校に行けなかったので、学校が楽しいと思いませんでしたが、今では学校が楽しいと思えるようになりました。YMCA学院高等学校は年齢や国籍に関係なく色々な方と一緒に学んだりするので、自分が知らなかったことがたくさん学べて、楽しくできるところがいいところだと思います。

  • 勉強以外の時間は何をしていますか?

    勉強以外の時間は、毎週水曜日に3歳児のスイミングスクールのボランティアをしています。着替えの補助やプールサイドで見守りながら一緒に遊んだりしています。初めは何をしても失敗ばかりで、3歳児の子もなかなか言うことを聞かない時が多々あり、落ち込んでしまう時もありましたが、何回かボランティアに行くたびに自分ができなかったことができるようになり、子供たちも少しずつですが言うことを聞くようになり、初めて会った時よりもものすごく仲良くなりました。これからはもっと仲良くなり、自分の苦手なところを得意!と思える程に活動をしていきたいです。

  • 先生はどんな人?

    初めは恐くて厳しい先生がたくさんいるのかなとものすごく不安でしたが、入学してみると自分が思っていたことが真逆で、生徒とものすごく仲が良くて、まるで友達と話している感じで驚きました。仲の良い先生とはあだ名で呼びあって言います。そして、最後まで支え続けてくれます。大学の進学や就職するまで温かく見守ってくれます。大学や就職でうまくいかなくて落ち込んでいる生徒がいれば色々なアドバイスを言ってくれます。私も落ち込んだ時があり、先生に相談すると自分がものすごく考えすぎていたということに気が付き、すっきりしました。YMCA学院高等学校の先生は温かい先生です。

  • 将来の夢は?

    私の将来の夢は、社会福祉士の資格を取り、保育士の資格も取って、保育士の仕事に就職することです。そのためにも学校のテストの点数を高く取り、指定校推薦で大学に進学できるように頑張っていきたいと思います。ボランティアで子供の勉強し喧嘩をして泣いたら、どういう行動をしたらいいのか、言うことを聞かせるにはどんな言葉で声をかけてあげたらいいのか少しずつ学んでいき、自分や子供たちも楽しませられる保育士になりたいです。