学校紹介

猪名川甲英高等学院

兵庫県川辺郡猪名川町上阿古谷字畑ヶ芝56ー3

0120-969-1960120-969-196

  • 資格取得サポート
  • 基礎から指導
  • 発達障害
  • カウンセリング
  • 専門的学習
  • 職業体験
  • ボランティア
公式サイト

“居場所”は大自然の中に
ある自然の中で学び、生きる力を育む

 2016年に開校した猪名川甲英高等学院は、自然豊かな環境で農業を学べる、兵庫県知事認可の高等専修学校です。一般科目の授業だけでは得ることのできない経験を通して、力強く社会に羽ばたける教育を目指しています。
 1年次は、野菜や花などの有機栽培で、まず「農業の楽しさ・おもしろさ」を知ることからスタート。土づくりから収穫までの実習を通して、栽培技術の基本や幅広い農業実務の知識を身につけます。
 2年次では、グループごとに設けられた区画の作物を、自分たちで管理することを学び、みそやしょうゆなどの食品加工にも取り組みます。3年次には、栽培から加工、販売まで、一貫したプロセスを実践。収穫祭(文化祭)で販売する商品の企画・開発や、食や農業に関わる企業・農家でのインターンシップの機会も用意されています。
 農業や商業のほかに、独自のカリキュラムに基づいた一般科目や基礎学習も充実しており、高校卒業資格の取得が可能です。

農業の学びを深めるほか
他分野への進学も

 「3つのsai教育」を実践する同学院。「3つのsai」とは、自分を知り、もう一度基礎学力の向上と徳育による人格形成を目指す「再」、長所を磨き、成功体験から自信を持って向上心を高める「才」、主体的な行動から他者との信頼関係を築き、“人財”として自分を彩ることができる「彩」。生徒全員に目が配られ、段階的な成長が導かれます。
 進路の一つとして、農業教育を行う会社「マイファーム」の協力で、「アグリイノベーション大学校」(提携校=東京農業大学)への入学が可能です。また、資格取得の支援体制も整っているので、農業で学んだことを生かしながら、別分野の大学や専門学校への進学例もあります。未来への選択肢もバリエーション豊かです。

生徒自らや、その家族が食べることを前提とした野菜の栽培で、「食」への意識を高めます。地域の子どもたちとふれあう体験も生きた授業に

  

学校自慢

 「小鳥のさえずり、動物たちの足跡、豊かな自然に囲まれた本学院。新たな一歩を踏み出すのにぴったりな環境です。今まで学校になじめなかった人も、この学校で一緒に学んでみませんか。地域にとけ込み、農業を学んでいく中で、命の大切さをはじめ、生きていくために必要な要素をたくさん感じることができるでしょう」(教師 大角猛仁さん)

キャンパス情報

【対象】
中学校卒業者
【所在地・アクセス】
兵庫県川辺郡猪名川町上阿古谷字畑ヶ芝56-3(JR川西池田駅・新三田駅、阪急川西能勢口駅、能勢電日生中央駅からスクールバス)
【問い合わせ】
フリーダイヤル0120(969)196

オープンキャンパス・学校説明会

学校概要説明、体験学習、入試要項・学費についての説明や施設見学。個別相談は随時受け付け中
【オープンスクール】
第1回 6月3日(土)
第2回 8月1日(火)
第3回 8月5日(土)
第4回 10月1日(日)
【入試説明会】
11月以降、随時開催予定。
※詳細はWebで。「猪名川甲英」で検索を
※問い合わせは、月曜~金曜の午前9時~午後5時受け付け

▼お問い合わせ▼

0120-969-196 0120-969-196

公式サイト

不登校・中退生の進路を考える本 保護者のための学校選び 発行・編集・制作 サンケイリビング新聞社 2018年版掲載情報