学校紹介

京都芸術大学附属高等学校
旧:京都造形芸術大学附属高等学校

京都府京都市左京区北白川上終町24 創々館 2階

0120-87-37390120-87-3739

  • 選べる専門コース

京都芸術大学が作った週3日通学の普通科通信制高校
コラボレーション型授業で、知的好奇心を育てる

 京都芸術大学附属高等学校(旧京都造形芸術大学附属高等学校)は2019年4月に開校した普通科の通信制高校です。生徒自身が「自分で考え、自分で決める」ことを尊重し、「目標に向かって自ら行動できる生徒」の育成を目指しています。
 週3日(月・水・金)、午前または午後に登校する通学タイプの学校で、通学することによって生活に規則正しいリズムが作られ、心身ともに健やかに学校生活を送ることができます。授業がない日でも登校して校舎内で学習することも可能。またクラス制(1クラス約30人)・担任制を採用しており、仲間とともに学び、担任が高校生活のサポーターとして寄り添うことで、生徒が居心地良く過ごせる学校をめざしています。
 各教科、生徒が「学ぶことの楽しさ」を実感して、「もっと学びたい」という知的好奇心が育つことを目的に授業が組み立てられているのも特徴。その1つとして、開校時から注力しているのが、生徒同士がお互いに自己表現をし合う機会を設けた「コラボレーション型(対話型)授業」。周囲と考えを共有し、協働することで、「積極的な学びにつながる知的好奇心」だけではなく、「相手の立場に立って考える想像力」や「自己効力感を伴った向上心」などを育成します。

大学教員による
大学連携特別プログラム

 もう一つの特色が「プロフェッショナル科目」。母体である京都芸術大学(13学科1センター)とグループ校の京都芸術デザイン専門学校で「実際に教えている教員」による、各専門分野のエッセンスを凝縮した特別授業です。芸術分野に限らず、文学、舞台、プロダクト、空間デザイン、映画など幅広い分野を学べるのは同校ならでは。専門的な知識や技術に触れて、興味の幅を拡げ、将来の目標を見つける手がかりにできそうですね。

明るく個性的な京都芸術大学附属高校の16人の教員が、生徒を温かくサポート

  

学校自慢

 「学校説明会で先生と生徒が笑顔で、話し合っているのを見て、“ここなら変われるかもしれない”と入学。先生方は何でも話し合える家族のような存在で、毎日早く学校に行きたいと思うようになりました。卒業後は京都芸術大学に進学します。イラストやマンガ、キャラクターデザインなどに取り組み、本当にやりたいことを見つけられればと思っています」(卒業生 栗本陽さん)

キャンパス情報

【アクセス】
・JR京都駅から市バス5系統(京都駅前A1バス乗り場)で岩倉行・上終町京都造形芸大前停下車(所要時間約50分)
・京阪出町柳駅から市バス上終町3系統で上終町京都造形芸大前行・上終町京都造形芸大前停下車(所要時間約15分)
・叡山電車茶山駅歩10分
 
【募集地域】
京都府・大阪府・滋賀県・奈良県・兵庫県
 
【学校説明会】
詳細はホームページで確認を
 
【平日個別学校見学】
随時受け付け。Webまたは、電話で問い合わせを。電話 0120(87)3739

入試情報

【入試日程・募集要項】
10月頃、ホームページで公開予定
 
【問い合わせ】
電話 0120(87)3739
Eメール:koukou-nyugaku@office.kyoto-art.ac.jp

▼お問い合わせ▼

0120-87-3739 0120-87-3739

公式サイト

不登校・中退生の進路を考える本 保護者のための学校選び 発行・編集・制作 サンケイリビング新聞社 2019年版掲載情報