通信制高校の仕組み

知っておきたい通信制高校の仕組み
自分に適した学習スタイルで全日制と同じ高校卒業資格取得へ
少子化で全日制の高等学校進学者数が減少する中、通信制高校の生徒は増加。
不登校経験者の学び直しだけでなく、個性・自主性を伸ばす教育の場としても注目されています。
通信制高校では、生徒は3年以上在籍して自分のペースで学び、必要な単位数を修得。
卒業時には、全日制高校と同じ高校卒業資格が取得できます。
  • 在籍3年以上とスクーリング、レポート、認定試験で単位を修得。転入・編入学の場合は、それまでに
    修得した単位を引き継げる

    通信制高校は、学校教育法の一条校(※)であり、必要単位数を修得して卒業すれば、全日制高校と同じく、高校卒業資格を得ることができます。
    全日制高校の多くが、学年ごとに決まった単位を修得して進級する「学年制」を採用しているのに対して、大半の通信制高校では「単位制」です。

    学年制では、出席日数が足りない場合や科目が合格点に達しない場合などは、原級留意(留年)となりますが、単位制では、出席日数は関係なく、学年を基本としないので、留年はありません。「単位制」では、授業科目を「単位」と呼ばれる学習時間数に区分し、3年以上在籍して74単位以上(特別活動30単位時間以上の参加を含む)を修得すれば卒業できます。

    単位修得には、添削指導(レポート)と面接指導(スクーリング)、単位認定試験を受けます。面接指導の一部を、NHK高校講座やインターネット講義の視聴などで代えられる学校もあります。毎日登校する必要はありませんが、学校行事やホームルームなどの特別活動への参加は30単位時間以上求められます。ほかの高校に在籍中で転入学する場合や、退学して編入学する場合は、それまでに修得した単位を引き継ぐことができます。

  • 学び直しから受験対策、課外活動、スポーツ活動優先の学習など生徒の多様なニーズに応じた教育の
    在り方を提案

    通信制高校は、全日制の高校と同様に、文部科学省の学習指導要領に基づいた教育の範囲で授業が構成されていますが、カリキュラムは学校によって異なります。ICT技術の活用やインターンシップ、ボランティア活動などの体験学習・課外活動の充実などに注力する学校もあります。
    スクーリングも、毎日登校する、週に何日か登校する、年間で何日か集中的に登校するなどさまざまで、学力や体力に合わせてマイペースで学ぶことができます。

    近年では不登校や中途退学者の学び直しの場としてだけでなく、多様な教育へのニーズに柔軟に対応できる学校として、生徒や保護者から選ばれる存在に。スポーツや芸能活動などを優先したい人、ダンスやプログラミングなど自分の得意分野を伸ばしたい人、超難関大学への進学をめざす人なども通信制高校を選択しています。こうした背景もあり、2021年度、通信制で学ぶ生徒は、前年より1万人近く増えて、約21万8389人に達しました。
    校外学習、修学旅行、体育祭、文化祭などの学校行事や、クラブ活動を行う学校もあり、仲間と交流して、キャンパスライフを楽しむことができます。多くの学校は、スクールカウンセラーによるメンタルサポートなどの体制も整備されています。

    ※1947年に施行された学校教育法の第一条に掲げられている教育施設のこと。幼稚園、小学校、中学校、高等学校、中等教育学校、特別支援学校、大学(短期大学、大学院含む)、高等専門学校がこれにあたる。

10年間で40校以上増加。生徒数は21万8389人

文部科学省の「学校基本調査」によれば、2021年度の全国にある公立・私立の通信制高校数は257。
生徒数は、前年の20万6948人から21万8389人になりました。


入学から卒業までの流れ

「飛鳥未来高等学校」は、全国で60以上の姉妹校のネットワークを生かし、
多彩なキャリア教育を展開しています。「オープンな職員室が魅力。
先生と生徒がフレンドリーに楽しく話している様子がよく見られます。」と
簗脇(やなわき)菜美先生。学校の仕組みについて話を聞きました。

  • どんな生徒が入学していますか?
    不登校を経験している生徒をはじめ、人間関係や学習面に不安を抱える生徒が多く入学しています。入学は随時。選考は書類審査と面接試験です。「学校生活を楽しみたい」「友人がほしい」「行事や部活動に参加したい」という生徒が多いようです。
  • どのくらいの頻度で登校しますか?
    登校日数の少ないスタイルなら年間20日ほどの登校で卒業をめざすことができます。自由登校(ベーシック・スタンダード)とクラス制があるので、自分に合ったスタイルを選んで学べます。
  • 単位はどのようにして修得しますか?
    期日内に規定枚数のレポートに取り組み、規定回数のスクーリングに参加、定期試験の合格で単位認定となります。レポート枚数、スクーリング回数は、各教科によって異なります。
  • どんな学習サポートがありますか?
    担任の先生と相談してスクーリング計画を立てますが、スクーリング回数に上限はありません。何度でも参加することができ、分かるまで先生に教わることができます。担任の先生は進捗状況を確認し、単位修得のサポートをします。
  • 通いたくなる学校にするための工夫
    職員室をオープンにして、いつでも先生に話しかけられる環境にしています。学校行事も充実。参加するかどうかは自由に選択できます。卒業後の進路に関しましては、担任や進路担当の先生に相談することができます。
  • 学校選で大切なことは?
    「何を大事にして高校生活を送りたいか」を明確にすることが大切だと思います。思い描く姿を明確にして、なりたい姿に近づける学校を見つけてください。