通信制高校の仕組み

知っておきたい 通信制高校の仕組み

自分のペースで学べる単位制
必要単位を修得して卒業資格を

通信制高校では、興味や関心を広げながら、各自の学力や個性に合ったスタイルで学び、
高校卒業資格取得を目指します。学校数は年々増えており、カリキュラムも多彩に。
〝なりたい自分〟になれる学びの場を見つけられそうです。

添削・面接指導と特別活動への参加などで
全日制高校と同様の高校卒業資格を取得

通信制高校は、学校教育法の一条校(※1)であり、必要単位数を修得後に卒業すれば、全日制高校と同じく、高校卒業資格が得られます。
通信制高校の大きな特徴は、毎日登校する必要がなく、ほとんどが単位制であることです。
全国高等学校定時制通信制教育振興会の「定時制課程・通信制課程高等学校の現状」(※2)では、通信制高校で〝学年制〟を採用しているのはわずか6.2%。93.8%は、3年間以上で74単位以上(特別活動30時間以上の参加を含む)を修得する〝単位制〟です。

学年制では、出席日数が足りない場合や科目が合格点に達しない場合などは、原級留意(いわゆる留年)となりますが、単位制では、授業科目を「単位」と呼ばれる学習時間数に区分して修得していきます。毎日登校する必要はなく、学年を基本としないので、留年はありません。添削指導(レポート)と面接指導(スクーリング)、特別活動への参加(学校行事やホームルームなど)によって、必要単位数を満たし、単位認定試験に合格すれば卒業できます。

無理のない登校スタイルで
目標に向かってマイペースで学んで

授業は、学習指導要領に従って構成されていますが、カリキュラムは学校によって多彩。全日制と同じように、毎日スクーリングに参加できる学校や、週1日からの登校で、「大学進学を目指す」「興味のある専門分野でスキルを磨く」など、目的別にコースが定められている学校までさまざま。最近では、超難関大学への進学を目標に、あえて通信制高校へ進学する生徒も増えています。

基本的に登校することが必要とされているスクーリングも、体調や心理的要因、就労状況など、特別な理由によって参加が難しい生徒のために、NHK高校講座などの放送視聴を認めている学校もあります。自由度の高い登校スタイルは、「起立性調節障害」といった病気のために、午前中の登校が困難、中学時代に不登校だった、高校を中退した、学業不振で全日制の学校では卒業が困難など、さまざまな事情を抱えた人を、〝学びの場〟に呼び戻しています。一方、スポーツをはじめ、自分の得意なことに専念するために、あえて通信制高校を選択するケースも増えています。

多くの通信制高校は校外学習や修学旅行、体育祭、文化祭などの学校行事のほか、クラブ活動も盛ん。自分のペースで学ぶかたわら、気の合う仲間と交流し、思い出をつくることもできます。
通信制高校は毎年少しずつですが増え続けています。それだけ選択肢が増えているということ。子どもに合った学校を見つけるために、学校説明会やオープンキャンパスに足を運んでみませんか。

※1=1947年に施行された学校教育法の第一条に掲げられている教育施設のこと。幼稚園、小学校、中学校、高等学校、中等教育学校、特別支援学校、大学(短期大学、大学院含む)、高等専門学校がこれにあたる。
※2=文部科学省の2011年度「高等学校の教育推進に関する取り組み」の実践研究として、全国高等学校定時制通信制教育振興会に委託調査した「高等学校定時制課程・通信制課程の在り方に関する調査研究」による。全国の定時制課程または通信制課程を置く高等学校804校(定時制655校、通信制149校)にアンケートを実施したもの。期間2011年9月20日~10月31日/回収率91.9%。

この10年間で59校増。生徒数は18万1031人

 文部科学省の「学校基本調査」によれば、2016年度の全国にある公立・私立の通信制高校数は244校と、少しずつですが増加。生徒数は少子化の影響もあり、2012年度の約18万9000人をピークに減少を続けています。

【 1 】 通信制高校数の推移
1 通信制高校数の推移
【 2 】 通信制高校生徒数の推移
2 通信制高校生徒数の推移

通信制高校の入学から卒業までの流れ

  • ① 学校説明会やオープンスクールに参加
  • ② 入学新入学の場合試験…学科試験(行われない学校も多い)、書類審査、面接
    入学時期…4月(10月入学がある学校も多い)高校からの転入・高校中途退学者
    試験…書類審査、面接
    入学時期…随時
  • ③ 履修登録
  • ④ スクーリング・レポート・テスト・特別活動
  • ⑤ 単位認定
  • ⑥ 卒業

教えてQ&A

 「角川ドワンゴ学園N高等学校」は、文芸とニコニコ動画の「カドカワ」が、昨年4月に開校した〝ネット高校〟。多彩なコンテンツが用意され、各分野で専門的に学べます。入試広報部部長の上木原孝伸さんに聞きました

  • Q.生徒数は? また新入学生はどれくらいですか?2016年4月の新規開校時点で1482人でした。その後、約800人の転入があり、3月時点では2258人です。2017年4月には約2003人が入学し、うち約1426人が中学卒業の高1生です。
  • Q.どんな生徒が入学していますか?「プログラミングスキルを磨きたい」「小説の書き方を学びたい」など、具体的な目標を持った生徒が入学しています。また、学べるコンテンツが多い本校でなら、「夢が見つかりそう」と、期待して入学する生徒も多数います。
  • Q.授業について「ベーシックプログラム」(レポートと、年5日程度のスクーリング)、任意の選択式授業「アドバンストプログラム」を、映像授業で学びます。双方向のライブ授業なので、質問には講師がその場で答え、他の生徒の意見も知ることができます。
  • Q.学習のサポート体制は?かなりの頻度で、電話やメールで、学習をサポート。居住地域で作るホームルームクラスがあり、チャットツールで情報交換を行います。同級生の話を聞いてモチベーションを高め、オフ会で親交を深めるケースも出てきました。
  • Q.通信のほか、通学して学ぶことはできますか?ネットコース在校生の「N高なら通ってみたい」の要望に応えて、今年4月、大阪心斎橋キャンパスと東京代々木キャンパスを開設。新たに「通学コース」として、週5日・3日・1日の3コースを設置しました。入学試験には作文・面接があります。
  • Q.卒業後の進路はどうなりますか?IT関連や、世界に出て、スポーツ選手や起業家として、グローバルに働くことを希望している生徒が多いようです。また、予備校講師による大学受験対策授業も実施しており、今後は、四年制大学などへ進学する生徒も出てくるでしょう。