サポート校の仕組み

無理のない学習スタイル
生活・メンタル面のケアも手厚く

 サポート校では、高校卒業に必要な単位の修得に向けて、学習指導をするとともに、
生活態度や精神面へのケアも行っています。民間の教育機関なので、規模やカリキュラムはさまざま。
制服や規則があったり、高校の必修科目以外に専門的な知識や実技が学べたり。
マイペースで学びながら自信をつけ、社会に出る準備、あるいは大学進学を目指します。

一人一人に合った学習法と丁寧な指導で
学び続けられる高校3年間に

主に、通信制高校(通信制高校の仕組み参照)に在籍する生徒や、高等学校卒業程度認定試験合格を目指す人を対象に、単位修得・進級に必要な、学習面や精神面での支援を行うのが、サポート校。学校教育法に縛られない、民間の教育機関です。通信制高校と連携することが多く、その場合は通信制高校の学費とは別に、サポート校の学費も必要です(一部通信制の学費が含まれている場合もあります)。

自学自習が基本の通信制高校では、レポートの提出や、スクーリング、課外活動などを経て必要単位を修得しなければなりませんが、多くのサポート校では、さまざまな通学・学習スタイルで自分のペースを守りつつ、これらの課題を確実にこなせるよう、教師やスタッフが丁寧に指導しています。

「小・中学校の段階で学力的につまずいている」「不登校で学習が滞ってしまった」など、高校の学習についていくことが困難な人のために、基礎的な学力指導を実施しているサポート校もあります。また、通信制高校のスクーリング会場が遠い場合に、バスで送迎するようなケースも。学び続けるためのバックアップも含め、全般的にこまやかな対応が用意されている傾向にあります。

学習、それとも精神面のサポート?
わが子に必要な支援を考えて選択を

サポート校の中には、高校卒業を目指すだけでなく得意分野を伸ばすキャリア教育や、大学進学を目標にした学習を指導するコース、体験型のイベントやボランティア活動など、社会との関わりを支援するカリキュラムを取り入れているところも。制服や規則が定められている場合もあります。

また、通学が困難な生徒には、教師が自宅を訪問して授業を行い、常駐するカウンセラーが心のケアを実践するなど、精神面の支援をしてくれるのも特徴です。自分の子どもに必要なサポートを見極め、説明会や見学会で、支援内容のほか、スタッフや生徒の雰囲気を確かめてみては。

サポート校にも入学して高校卒業資格を取得(一例)

  • ① 学校説明会やオープンキャンパスに参加
  • ② サポート校・通信制高校同時入学通学週1回~5回などさまざま自宅学習
    教師が訪問し自宅で授業・独自のカリキュラムで通信制・高校3年間での卒業を目指す
  • ③ 通信制高校の単位認定試験を受け、高校卒業資格取得
  • ④ 卒業