高等専修学校の仕組み

知っておきたい 高等専修学校の仕組み

〝好き〞を生かして
スペシャリストを目指す

中学校卒業後の進路の一つに、高等専修学校(専修学校高等課程)があります。
高等学校と並ぶ正規の後期中等教育機関で、工業、農業、医療などの8つの分野で、実学を中心に学ぶことができます。

登校は毎日、さまざまな学校行事にも参加
高校卒業資格や大学入学資格を取得できる

専修学校(※1)は、1976年に新たな学校制度として創設されました。専修学校のうち、中学校卒業者を対象にした「高等課程」を設置した学校が、高等専修学校(専修学校高等課程)です。 

将来の仕事に結びつく、実践的な学びや専門的な技術の習得を中心にしたカリキュラムが特徴。修業年限は1年以上で、学科やコースにより異なります。大学への入学資格を得るには、大学入学資格付与指定校で、3年以上、普通科目を420時間以上学ぶ必要があります(総授業時間数は2590時間以上)。

高等専修学校には、高等学校と提携している「技能連携校」(※2)も多くあります。高等専修学校で修得した単位を高等学校での単位とみなす「技能連携制度」を利用することで、高等専修学校だけでなく、高等学校の卒業資格取得も目指すことができます。

入学には、各校が定める願書受付期間中に、願書や必要書類を提出し、試験を受けます(1〜3科目での学科試験。作文や面接のみというところもあり)。合格すれば、4月から学期が始まり、毎日登校して、それぞれの専門分野を学びます。入学式をはじめとする学校行事や、中間・学期末試験などがあり、クラブ活動が盛んな学校もあります。

情報処理やデザインなど多彩な分野
不登校経験者をサポートする体制も

「専修学校」は、次の分野に分かれています。工業(情報処理、コンピューターグラフィックス、自動車整備など)、農業(農業、園芸、バイオテクノロジーなど)、医療(看護、歯科衛生、歯科技工、理学療法、あんま・マッサージ・指圧など)、衛生(調理、製菓、美容、エステなど)、教育・社会福祉(保育、幼児教育、社会福祉など)、商業実務(経理・簿記、旅行・観光・ホテルなど)、服飾・家政(ファッションデザイン、ファッションビジネスなど)、文化・教養(デザイン、音楽、外国語など)の8つです。

高等専修学校には、早いうちから実践的な教育を望む生徒だけではなく、小・中学校で不登校になったが、興味を持てる分野を学びたい、という生徒も在籍しています。全国高等専修学校協会の、2017年度「高等専修学校の実態に関するアンケート調査」(※3)によると、調査した在籍生徒1万7052人のうち、不登校の経験がある生徒は3689人と、全体の21.6%を占めています。そのため、学校によっては、カウンセラーや養護教諭の資格を持つ専門家が常駐、または定期的に来校して相談に応じていたり、講師やスタッフが、生徒一人一人をこまやかにサポートする体制が整えられています。

※1 修業年限が1年以上、授業時数が文部科学大臣の定める授業時数以上である、教育を受ける者が常時40人以上であることを満たした学校のこと。高等課程のほかに、専門課程と一般課程がある。
※2 学校教育法に基づいて、都道府県教育委員会が指定する技能教育施設のこと。通信制高校や定時制高校の生徒が、技能連携校で技能や実務に関する専門科目を学んだ場合、高校の履修の一部として単位が認められる。
※3 全国高等専修学校協会会員校196校にアンケート調査。109校からの回答(有効回答108校)を基にしたデータ(期間2017年10月26日~11月20日)。

生徒数は、医療と商業実務が多数。卒業後の進路は、進学と就職がほぼ同率

文部科学省の「学校基本調査」によれば、2017年度の分野別の生徒数では、医療関係と商業実務関係が多く、合計で52.1%を占めています。 また、全国高等専修学校協会の調査では、2016年度の卒業生のうち、進学者の合計が約45%、就職が約46%と、同じくらいの割合になっています。

【 1 】 専修学校(高等課程)の分野別生徒数
1 専修学校(高等課程)の分野別生徒数

文部科学省「学校基本調査」より

【 2 】 卒業者の状況
    (2016年度・卒業者数5,424人)

2 卒業者の状況

※全国高等専修学校協会 2017年度「高等専修学校の実態に関するアンケート調査」より。一部、進学と就職の重複回答があります

一般的な高等専修学校の学科のシステム

一般的な高等専修高校の学科のシステム

教えてQ&A

「大阪情報コンピュータ高等専修学校」では、コンピューターや映像機器などの充実した設備を使って、専門的な技能を教えています。「アットホームな雰囲気の中で自分らしく可能性を伸ばしてほしい」という入試広報主任の原田成華さんに聞きました。

  • Q.どのような生徒が学んでいますか?コンピューターやゲーム、マンガやアニメへの関心が高く、オープンスクールで授業の内容を体験してから入学する生徒が多数。女子の割合は3割弱です。過去に不登校を経験したことのある生徒も半数近くいます。
  • Q.入学試験の内容は?推薦・一般入試ともに、専願の場合の受験科目は国語のみで、1月~ 2月に入試を行います。早くから志望を固めて、推薦入試で入学する生徒がほとんどです。また、転入・編入も受け入れています。
  • Q.どんなコースがありますか?定員は1学年80人で2クラス。IT総合学科として入学後、希望をもとに、2年生からボーカロイド・ムービー、マンガ・アニメ、ゲーム、ITビジネスの4コースに分かれます。中でも、マンガ・アニメとゲームが人気です。
  • Q.授業の内容や学校生活は?専門科目以外に普通科目も学ぶことができ、技能連携している科学技術学園高等学校の卒業資格も取得することができます。キャリアデザインの授業もあります。実習授業などで完成した作品は、校内展示会で発表しています。
  • Q.勉強が苦手でも大丈夫?学習効果を上げるために、科目によって、少人数制授業や実習授業でのダブルティーチャー制を取り入れています。基礎学力補習や各種検定の対策補習などで、バックアップをしています。また、スクールカウンセラーもいます。
  • Q.卒業後の進路は?卒業時には、高卒資格も取得。全体の7割近くが進学、約3割が就職しています。進学の多くは、グループ校の大阪情報コンピュータ専門学校でさらに専門的に学び、その分野での就職を目指しています。