高等専修学校の仕組み

知っておきたい 高等専修学校の仕組み

好きなこと、興味のある分野で
社会で役立つスキルを身につける

高等専修学校(専修学校高等課程)は、高等学校と並ぶ正規の後期中等教育機関で、中学校卒業後の進路の一つです。
さまざまな分野で、将来の職業につながる実践的な教育が行われています。

修業年限は1年以上で毎日登校
大学入学資格の取得も目指せる

1976年に新たな学校制度として創設された「専修学校」(※1)のうち、中学校卒業者を対象にした「高等課程」を設置した学校が、高等専修学校(専修学校高等課程)です。実用的な知識や専門的な技術を習得するカリキュラムで、社会に出てすぐに役立つ職業教育を行い、さまざまな分野のスペシャリストを養成します。

修業年限は1年以上で、学科やコースによって異なります。3年制の課程を卒業すると、専門学校(専修学校専門課程)の受験資格が得られます。また、3年以上、総授業時間数2590時間以上(うち普通科目420時間以上)を学んで卒業すると大学の受験資格を得られる、大学入学資格付与指定校も多数あります。

多くの高等専修学校は、「技能連携校」(※2)として、通信制・定時制の高等学校と提携しています。高等専修学校で修得した単位を高等学校での単位とみなす技能連携制度を利用することで、高等専修学校と高等学校の2つの学校の卒業資格取得を目指すこともできます。 入学者の選考は、学校によって異なり、1~3科目での学科試験のほか、作文や面接のみというところもあります。合格すれば、4月から学期が始まり、毎日登校して学びます。学校行事や中間・学期末試験などがあり、クラブ活動が盛んな学校もあります。。

情報処理やデザイン、外国語など8つの多彩な分野
不登校経験者のサポート体制も

「専修学校」は、8つの分野に分かれています。工業(情報処理、コンピューターグラフィックス、自動車整備など)、農業(農業、園芸、バイオテクノロジーなど)、医療(看護、歯科衛生、歯科技工、理学療法、あんま・マッサージ・指圧など)、衛生(調理師、製菓、美容、エステなど)、教育・社会福祉(保育、幼児教育、社会福祉など)、商業実務(経理・簿記、旅行・観光・ホテルなど)、服飾・家政(ファッションデザイン、スタイリストなど)、文化・教養(デザイン、音楽、外国語など)です。

高等専修学校には、早くからより実践的な教育を受けたいという生徒のほか、不登校になったが、興味を持てる分野を学びたいという生徒も進学しています。全国高等専修学校協会の2018年度「高等専修学校の実態に関するアンケート調査」(※3)によると、調査した在籍生徒1万7009人のうち、不登校経験者は3606人と、全体の21.2%を占めています。多くの学校でサポート体制が整えられており、カウンセラーや養護教諭の資格を持つ専門家が常駐、または定期的に来校して相談に応じる学校もあります。

※1=修業年限が1年以上、授業時数が文部科学大臣の定める授業時数以上である、教育を受ける者が常時40人以上であることを満たした学校のこと。高等課程のほかに、専門課程と一般課程がある。※2=学校教育法に基づいて、都道府県教育委員会が指定する技能教育施設のこと。通信制高校や定時制高校の生徒が、技能連携校で技能や実務に関する専門科目を学んだ場合、高校の履修の一部として単位が認められる。※3=全国高等専修学校協会会員校184校にアンケート調査。106校からの回答を基にしたデータ(調査期間2018年10月26日~11月20日)。

生徒数は、医療と商業実務が多数。卒業後の進路は、進学と就職がほぼ同率

文部科学省の「学校基本調査」によれば、2018年度の高等専修学校の分野別の生徒数では、医療関係と商業実務関係が多く、合計で50%を超えています。また、全国高等専修学校協会の調査では、2017年度の卒業生の進路は、進学が43.8%、就職が45.0%と、同じくらいの割合になっています。

【 1 】 専修学校(高等課程)の分野別生徒数
    (2018年度・全生徒数36,278人)

1 専修学校(高等課程)の分野別生徒数

文部科学省「学校基本調査」より

【 2 】 卒業者の状況
    (2017年度・卒業者数5,316人)

2 卒業者の状況

※全国高等専修学校協会 2018年度「高等専修学校の実態に関するアンケート調査」より。

一般的な高等専修学校の学科のシステム

一般的な高等専修高校の学科のシステム

教えてQ&A

大阪市福島区の「英風女子高等専修学校」は、1953年創立。生徒の要望に応えるため、必要な変革は積極的に進めていきたいという、副校長の岩本美恵子先生が答えてくれました。

  • Q.どのような生徒が学んでいますか?勉強は苦手だけれど専門的な教科を学びたい生徒、一般教科の基礎学力を定着させたい生徒など、多種多様な個性を持つ生徒が在籍しています。不登校経験がある生徒も年々増えており、新しい環境で学び直したいと通学してきています。
  • Q.入学試験の内容を教えてください2019年度入試では、推薦入試は国語と面接、一般入試は国語・数学・面接を行いました。推薦入試で入学する生徒の方が多いです。入学前には、相談会で各自の状況を把握し、中学校にも聞き取りをした上で、クラス編成を行っています。
  • Q.どんなことが学べますか?一般的なビジネス実務や製菓、マンガなどを学べる「普通科」と、ファッションデザインや美容を学べる「ファッション科」があり、幅広く専門分野に触れることができます。放課後の各種検定対策講座にも、多くの生徒が参加しています。
  • Q.専門科目と普通科目の割合は?全体では半々くらい。1年生では、普通科目や基礎的な学習に力を入れています。2年生からは、専門科目が増え、興味関心を絞り込んでいく段階になります。また、教室に通いづらい場合は、別館での「個別学習クラス」で学ぶこともできます。
  • Q.卒業後の進路は?近年は、就職よりも進学の方がやや多く、4年制大学への進学希望も見られます。2年生から本格的なキャリア教育を取り入れており、次の段階への通過点として目標につなげられるよう、クラス担任や進路担当者が一人一人を支援しています。
  • Q.学校選びで大切なことは?保護者も本人も、“ここならやっていける”と納得できることが大切。オープンスクールに何度も参加して確かめる方もいらっしゃいます。1校だけでなく、複数の学校を訪問して、サポート体制や教育内容をしっかり見比べていただきたいです。