高等専修学校の仕組み

知っておきたい 高等専修学校の仕組み

「好き」を生かしたフィールドで
専門技術の習得を目指す

 高等専修学校(専修学校高等課程)も中学卒業後の進路の一つ。
多様化する生徒のニーズに応えるための後期中等教育機関として注目されています。
工業、農業、医療、衛生、教育・社会福祉、商業実務、服飾・家政、文化・教養の8分野で、実学を中心に学びます。

修業年限は1年以上 通学して専門分野を学ぶ
高校卒業資格・大学入学資格の取得も目指せる

1976年に、新たな学校制度としてつくられた専修学校(※1)のうち、高等専修学校(専修学校高等課程)は、中学校卒業者を対象にした高等課程を置いた学校を指します。仕事に結びつく実践的なカリキュラムが中心となり、修業年限は1年以上ですが、卒業後に大学への入学資格を得るためには、3年以上通学し、普通科目も420時間以上学ぶ必要があります(卒業までの総授業時間数は2590時間以上)。

また、多くの高等専修学校は、技能連携校(※2)として、通信制の高校と提携しています。高等専修学校での単位を高校での単位修得とみなす「技能連携制度」を利用し、高校卒業資格の取得を目指すこともできます。
入学には、各校が定める願書受付期間中に願書や必要書類を提出し、試験(1~3科目での学科試験。作文や面接のみというところもある)を受ける必要があり、合格すれば4月から学期がスタート。毎日通学し、それぞれの専門分野を学びます。入学式や中間・学期末試験などもあり、クラブ活動に力を入れている学校もあります。

医療や服飾、農業など多彩な8分野
不登校経験者のサポート体制も充実

専修学校は、8分野に分かれており、工業(情報処理、コンピューターグラフィックス、自動車整備など)、農業(農業、園芸、バイオテクノロジーなど)、医療(看護、歯科衛生、歯科技工、理学療法、あんま・マッサージ・指圧など)、衛生(調理師、製菓、美容、エステなど)、教育・社会福祉(保育、幼児教育、社会福祉など)、商業実務(経理・簿記、旅行・観光・ホテルなど)、服飾・家政(ファッションデザイン、スタイリストなど)、文化・教養(デザイン、音楽、外国語など)があります。

高等専修学校は、より実践的な教育を早いうちから習得したいという生徒だけでなく、小・中学校で不登校になったが、興味を持てる分野について学びたいという生徒の進学先として選ばれています。

全国高等専修学校協会の「2012年度高等専修学校における教育支援に関する実態調査」(※3)によれば、調査した在籍生徒1万8626人のうち、不登校の経験がある生徒は3303人と、全体の17.7%。そのため、講師やスタッフが、生徒一人一人をこまやかにサポートし、カウンセラーや養護教諭の資格を持つ専門家が常駐するなど、学校側の受け入れ体制も整ってきています。

※1 修業年限が1年以上、授業時数が文部科学大臣の定める授業時数以上である、教育を受ける者が常時40人以上であることを満たした学校のこと。
※2 学校教育法に基づいて、都道府県教育委員会が指定する技能教育施設のこと。通信制高校や定時制高校の生徒が、技能連携校で技能や実務に関する専門科目を学んだ場合、高校の履修の一部として単位が認められる。
※3 全国高等専修学校協会会員校200校にアンケート調査。118校からの回答を基にしたデータ(期間2012年7月18日~27日)。

中学からの入学者が半数以上 分野別では医療と文化・教養関係合わせて54.8%

文部科学省の「学校基本調査」によると2015年度、専修学校の高等課程に入学したのは、1万7125人。うち、中学校卒業者および中等教育学校前期課程修了者は、8985人と半数以上を占めています。分野別では、昨年に引き続き医療関係、文化・教養関係が人気を集めています。

【 1 】 専修学校入学者数(高等課程)
通信制高校数の推移
【 2 】 専修学校の分野別生徒数(2015年度・全生徒数656,106人)
通信制高校数の推移

文部科学省「学校基本調査」より

一般的な高等専修学校の学科のシステム

一般的な高等専修高校の学科のシステム

教えてQ&A

「関西インターナショナルハイスクール」の大きな特徴は、英語を中心とするカリキュラムであること。
実践的な英語力と国際感覚を身につけて、将来の夢にアプローチできます。
教育主任の滝本武さんに聞きました。

  • Q.どんな生徒が入学しますか?英語が好きで、将来英語力を生かして活躍したいと考えている中学卒業生がほとんどです。関西を中心に、全国から入学しています。幅広い英語学習で国際感覚が養えると、新しい価値観で、柔軟に考えている保護者にも支持されています。
  • Q.入学試験はありますか?推薦入試・一般入試ともに、英語と作文の筆記試験と面接を行います。ほとんどの生徒が、事前に、オープンキャンパスや外国人教員の授業体験、個別相談などの機会を利用し、実際に学校の様子を確認してから入学を決めています。
  • Q.授業・カリキュラムの特徴は?英語授業は約15人の少人数制で、学年に関係なく6レベルでクラス分けをしています。学年別のホームルームクラスは1クラス約20人です。約4割が外国人教員で、オールイングリッシュで行う社会や理科の授業もあります。教科書も英語です。
  • Q.勉強についていけるか心配です不登校を体験して入学した生徒の中には、1年目は1日2~3時間だけ授業を受けて、2年目に1年生の授業を受け直すケースもあります。教員はもちろん、カウンセラーや臨床心理士もサポートします。
  • Q.語学体験について教えてください2年生全員が、2週間のオーストラリアホームステイを体験します。3年生は、英語で討議する「模擬国連」に参加。語学力だけでなく、国際問題への理解を深め、国益を考えて議論・交渉するなど、総合的な能力が試される場です。
  • Q.卒業後の進路は?2010年~2015年の卒業生96人中81人が、現役で日本の大学へ進学しているほか、アメリカやカナダの大学へ進学する生徒もいます。ハイレベルな語学力を武器に、それぞれ目標を持って、希望の進路へ羽ばたいています。