在校生・卒業生からのメッセージ特集

今では週5日登校する総合コースに在籍して毎日登校できています。

学研のサポート校 WILL学園 中西 翔太郎さん
  • 入学したきっかけは何ですか?

     僕は、中学から不登校だったので、WILL学園には中等部から在籍していました。中学校に登校できていない中、WILL学園には(フリースクールとして)機嫌よく通っていました。人数も少なく先輩・後輩といった垣根がなかったからだと思います。勉強面やコミュニケーション面など高校生活への不安があったので、慣れ親しんだWILL学園を選択しました。全日制には不安があった僕ですが、今では週5日登校する総合コースに在籍して毎日登校できています。

  • どうしてWILL学園を選んだのですか?

     WILL学園は生徒数に対して先生方の人数が多いので、勉強も個別レベルで基礎から教えていただけます。集団授業もありますが、取り組む内容は学年でなく習熟度で分かれますので周囲と自分を比べることなくマイペースで取り組めます。WILL学園の中等部は内部進学よりも外部の全日制高校を受験をする子が多いので、僕の学年は内部進学は1人でしたが、無学年制で他の学年とも仲が良いので緊張することもなく入学できました。卒業生達とも、今でも遊びに行ったりします。

  • 毎日の様子を教えてください。

     大体40~60名ほどの生徒がいます。入学時期や在籍コースもバラバラなので毎日のメンバーは日によって変わりますが、おおよそ20~25名ほどが登校している様子です。中には起立性調節障害という病気で朝が苦手な子も多いので登校時間も人それぞれです。授業は勉強系と趣味・実用系に分かれています。昼休みや放課後は、持っていった人気のゲーム機器を大型テレビに繋いで皆でスマブラをやっています。スマホやバイトもOKなので自分の思う高校生活が送れます。

  • 印象に残っている思い出はありますか?

     WILL学園では2年に1回、グアム修学旅行があります。グアムと聞くと夢のようですが、僕の回は出発初日に大阪北部地震に被災して大変でした。
    日頃から集中スクーリング合宿や、出発が早朝の行事では前泊といって学園に寝袋持参で泊まることがあるので、被災して出発が1日遅れた時も大きな混乱なく対応できました。
    現地に行ってからは、戦争慰霊碑を回ったり、ショッピングをしたり、はじめての海外旅行を満喫しました。機会があればまた行きたいです。

  • 将来の進路は決まっていますか?

     大学進学です。正直言うと全然未定なのですが、だからこそじっくり自分と向き合う時間が欲しいと思いました。
    先輩たちとの垣根がなく距離が近いので、昨年や一昨年に先輩たちが努力していたのを見て、自分も大学に行きたいと思うようになりました。
    細かい学部や専攻は決まっていませんが、通常の授業以外に夜間コースでマンツーマン授業を受けながら毎日頑張っています。
    普段のレポートも寄り添って指導してもらえるので評定も比較的持っているので推薦も狙いたいと思っています。